オナ禁したら年収が上がる根本的な6つの理由

   

今年も師走だ。なんとまあ早いことよ。

オナ禁ファイターのみんな1年前に誓った思いは忘れていないか?

オナ禁157日目 聖なる夜に利根川に学ぶオナ禁の極意

あれからもう1年だ。

オナ禁したら年収は上がるのか?

さてここから前回からの続きだ。

オナ禁したら年収は上がる?禁欲戦士の実体験からみるオナ禁と収入の関係について

禁欲戦士はオナ禁したら年収が上がった。

でも禁欲戦士の場合は複数の仕事を持っているのがその理由だ。

それでもオナ禁は年収を上げたと思っている。

そこで今回は禁欲戦士を例にとってその根拠を話していこう。

オナ禁が年収を上げた根拠

へばらない気力と根気が身につく

平日仕事終わりに自分の仕事に取りかかる。

会社での仕事を終えた後に、自分の仕事をするとなると、それなりに気力と根気が必要だ。

友達や飲み仲間とワイワイしたい日や、さっさと家に帰ってゆっくり横になりたい気持ちの日だって勿論ある。

そんな誘惑に負けずに踏ん張って自分の仕事を進めるには、やはり気力、胆力、根気が必要だったりする。

オナ禁してるとそこら辺のもう一踏ん張りが効くようになるのだ。

精力カラッカラのオナ猿時では、この身体の芯からの根気が抜けてしまう様に思う。

精子とはエネルギー源。

射精とはエネルギーの消費。

そしてオナ禁はエネルギーを温存する行為だ。

オナニーでエネルギーを消費しない事で、別の事にそのエネルギーを注ぐ事ができる。

無駄な時間を使わなくなる

オナニーに時間を浪費しないので、単純に自分の為の時間は増える事になる。

例えば禁欲戦士の様に、オナニーなどで浪費していた時間を自分の仕事に費やすとする。

それまでオナニーに費やしてきた時間が、そのまま収入につながる時間に変わるのだから、結果的にそれまでより収入は増えていく。

タイムイズマネー、スペルマイズマネー。

時は金なり、精子は金なりだ。

短睡眠による時間の確保

自分の仕事を持つ禁欲戦士の睡眠時間は平日で3.4時間程度だ。

休日は8.9時間くらい寝ているが、ショートスリーパーでもない禁欲戦士としては、正直毎日8時間くらい寝たいし睡眠不足以外の何物でもないだろう。

「っべー、2時間しか寝てねえわー、えっ俺寝てないイメージある?それどこ情報?どこ情報よー?」

と地獄のミサワみたいに寝てないアピールをさせて欲しい。

会社の仕事と自分の仕事を両立するには、どうしても無理がでたり歪みが生じているのは感じている。

その一つが睡眠不足という形で現れてるが、それでも会社での業務に支障を出していないのは、普段からオナ禁しているからに他ならない。

多分オナ猿のままなら今の生活を継続するのは不可能だったろう。

オナ禁は短眠効果を生むのだ。

継続力・習慣力が身につく

これまでに何度も話してると思うが、オナ禁していると習慣力が自然と身につく。

これまで習慣に出来なかった事が不思議と身につく。

これは性欲を我慢するというオナ禁の習慣そのものが、自制心を身に付ける習慣だからだ。

自分で仕事を持つということは、それなりに時間もかかるし、収入を得る段階にいくには継続して続ける事が必然となる。

つまり根気強さと己を律する自制心がどうしても必要だ。

今の世の中

「1日10分の簡単な作業で月収◯◯万円!」

なんて怪しい広告など楽して稼げる儲け話が溢れているが、あの手の話は全部嘘だ。

何事もそうだが、結果を生むには毎日コツコツ積み重ねる努力と、それに費やす時間と行動が必要だ。

確かに継続した努力というのは大変な行為でもある。

だからこそ手軽で簡単そうな方法にみんな飛び付くんだろうが、そこに宝は存在しない。

継続した努力の先に宝は眠っている。

そして禁欲戦士が毎日仕事終わりに、がっつり自分の仕事に時間を費やすという行動を習慣化できているのは、やはりオナ禁の支えあってのものだったりする。

目標を見据える力がつく

オナ禁をしていると精神的にも胆力が身につき、落ち着いた思考が可能になる。

前述したような目の前にある簡単で甘い話に食いつくのではなく、遠くにある目標を見据えてコツコツと努力する行動が大切だという事も、しっかり理解出来るはずだ。

長いスパンで考えて行動に移す事が出来るかどうかが、人生には必要だと常々感じている。

そして長期的な目標を視野に入れた思考というのは、オナ禁していると着々と身につく。

人間的魅力が仕事につながる

仕事は人間関係に依るところも大きい。

例えば会社で結果を出して出世する為には周りとの協力も必要だし、人間的な魅力が仕事の成果につながり、出世にもつながる仕事も多いだろう。

営業の仕事なんかは特にそうではないだろうか。

そして言わずもがなオナ禁というのは、その人間的な魅力を引き出す習慣だ。

一石百鳥くらいあるのがオナ禁の習慣といっても言い過ぎじゃ無いと思う。

オナ禁=オナ禁効果=仕事のサポート=年収アップ

オナ禁が年収を上げる根拠についてはこんな所だろうか。

読んで貰えば分かるように、オナ禁したら年収が上がるという訳ではなく、オナ禁の習慣が年収を上げる行動を生み出していると表現した方が近いだろう。

禁欲戦士は会社と自分の仕事との両立による、オナ禁年収アップ効果の例を挙げたが、人によってはそれが仕事の勉強や、資格の取得だったりするだろう。

どんな形であってもオナ禁が、収入アップに結び付く習慣になるのは間違いないと思う。

オナ禁そのものが年収を上げるのではなく、オナ禁効果のサポートが結果的に年収アップに繋がるって話だ。

オナ禁=オナ禁効果=仕事のサポート=年収アップ

よく覚えておこう。

君たちはどう生きるか

今の禁欲戦士は確かに働き詰めの毎日だ。

多分前職の時より仕事をする時間は増えていると思う。

だからといって疲弊しているといえば決してそんな事はなく、毎日ワクワク感と希望を持ちながら仕事している。

昔のように絶望感に包まれるような毎日ではないのだ。

それも全部会社の仕事も自分の仕事もひっくるめて、今やってる仕事が楽しいから、苦にならないという部分が一番大きいと思う。

仕事というより好きだからやってる感覚に近い。

仮に今やってる仕事が全て苦痛に満ちた仕事であれば、半年くらいで潰れてるんじゃないだろうか。

これを読んでいる読者の中には、将来どんな仕事をしようか悩んでいる学生オナ禁ファイターや、今の人生のままでいいのかと悩みながら毎日を働く社会人オナ禁ファイターもいるだろう。

というか多分ほとんどの人がそんな気持ちを心のどっかに持っていると思う。

かつて絶望のどん底にいた禁欲戦士みたいな人ももしかしたら読んでいるかもしれない。

でもどんな状況にあっても次の一歩はあなた自身で決められるはずだ。

自分を変えられるのは自分だけ。

道は違えど一緒に戦おう。

さあ黙ってオナ禁だ!

人生を変えるオナ禁と言う名の魔法の習慣。

その効果のほどはこの本を読んでその目で確かめてくれ。


オナ禁180日間したら人生変わるかやってみた!①: 〜劇的進化の50日間編〜

ちなみにkindleアンリミテッドに登録すれば、アマゾンにあるほとんどのオナ禁本が読み放題になるので是非ともオススメしたい。禁欲戦士も登録しているがオナ禁本に限らず沢山の良書も読みまくれて良い。(本書もkindleアンリミテッドに登録している)

 - オナ禁日記