オナ禁91日目 禁欲の巨人 何も捨てることができない人は何も変えることはできないだろう

      2017/07/03

オナ禁91日目。
相変わらずムラムラに襲われている。

残り3ヶ月がはるか遠くに見えてきた。

 

ムラムラしていると時間の流れが長く感じる。

ちょっと前まで余裕で目標の180日間オナ禁

達成だと思っていたのにやはりオナ禁は甘くない。

 

それでもムラムラはするがオナニーをしようと

いう気にはならないのは大きな変化だ。

ムラムラしていても息子に

手が伸びる事は無くなった。

 

オナニーの呪縛からは解き放たれたようだ。

しかしもし今女性と良い感じになったら

我慢できずにセックス解禁してしまうだろう。

それくらい性欲が押し迫っている感覚がある。

 

セックスをリセットに含めた自分を

今更憎く思っているほどだ。

でもセクリセを許してしまっては自分の

目指していたオナ禁とはやはり言えないので

こればかりはしょうがない。

 

言い訳なのは分かっている。

目の前の性欲に目が眩んでしまっている。

 

我慢できずにリセットしてしまわないように

性欲が治まってくれるのを今は祈るのみだ。

 

果たしてこの性欲は治まってくれるのかと

思うところもあるが経験上性欲には

波があるので刺激しなければきっと

治まってくれるだろう。

 

こんな調子なのにまだ3カ月もオナ禁は続く。

性欲とは本当に怪物だ。

何度も何度も試練を与えてくる。

 

何も捨てることができない人は何も変えることはできないだろう

 

進撃の巨人のアルミンのこのセリフは

オナ禁で性欲という化け物を制して

人生を変えようとしているこのブログに

まさにピッタリのセリフだ。

そして今の自分にも突き刺さる。


性欲という化物を倒すには捨てなくては

ならないものがある。

 

それは肉欲だ。

 

具体的に言えばオナニーやセックスだ。

たったこれだけのものを求める為に

 

ある人は大金を払い

ある人は毎日何時間も

パソコンの前に向かい

ある人は社会的地位すら危険に晒す。

 

ほんの一瞬の快楽を得るだけにも関わらずだ。

 

しかし一瞬の快楽とはいっても

その誘惑は圧倒的だ。

一度味わったら忘れられなくなる。

 

長期的な視野で見れば我慢した方が

良いのは分かっていても大の大人が

我慢できずにズルズルと手を出してしまう。

それが性欲の怖いところである。

捨てる覚悟を。

ムラムラしている時こそもう一度オナ禁をすると

決めた覚悟を思い出さなければならない。

 

オナ禁を始めた頃の時の

絶対に抜いてたまるかという気持ちを

思い出さなければならない。

 

今その覚悟を問われている。



 - オナ禁日記