オナ禁9日目 継続力をサポートするオナ禁パワー

      2018/05/06

オナ禁9日目。

いきなりの言い訳ではあるが仕事がはじまってからは、なかなか時間が取れずに日記も毎日更新しなくなった。

(とは言いつつ話のネタが浮かばないからという理由もあるが。)

 

今は朝の時間帯や通勤中などの隙間時間を見つけては、一つの記事を少しずつ書いている感じだ。

 

しかし電車通勤中にオナ禁日記を書くのはなかなか難しい。

 

もちろん禁欲戦士は大真面目にこのブログを書いているが、オナ禁というテーマ故にオナニーやセックス、エロ、射精などのアダルトな単語もバンバン出てしまう。

 

その為オナ禁日記を書いているところを他人に見られたくないのが本音だ。

混んでいる電車内ではとても書けないので、すいている時を見つけて書いている。

 

また記事を書く事に集中し過ぎて、駅を乗り過ごすことも何度か経験している。

特に文章を考えている間は他の音が遮断されやすいようで、気付けば何駅も乗り過ごていたなんてこともあった。

 

そんな涙ぐましい努力の中でこのオナ禁ブログは更新されている。

 

とまあこんな事を書いて同情を得ようとした所で、アクセス数が増えるわけでもないのだが、普段どんな風にオナ禁日記を書いているのか紹介してみた。

時間がないを言い訳にしない為に


仕事が始まる前は比較的時間にも余裕があり筋トレや日記の更新も、毎日の習慣として時間をかけて取り組む事が出来ていた。

 

しかし仕事がある今そうもいかない。そして多くの社会人と同じ様に禁欲戦士も時間に追われている。

 

日々の大半の時間を仕事に捧げるので、1日で自由にできる時間はかなり限られてくる。

 

だからこそ仕事を選ぶ時は自分が心からやりたいと思う仕事を目指すべきなのだが、これについてはまた別の機会に話そう。

 

そんな時間に追われる生活を送っていると習慣も疎かになりやすい。


「今日はやってる時間なんてないし疲れたからいいや。」


この考え方をしてしまうと途端に習慣は途絶えてしまう。

禁欲戦士ももっともらしい理由を付けてサボってしまう時がある。

 

それは本当に出来ないのではなくてやりたくないだけなのだが、当の本人だけが言い訳だと思えないものなのだ。

 

どんなに忙しくてもどんなにやる事が困難でも、習慣化できている人は毎日やっているものだ。

オナ禁が習慣を助ける。


このブログでも何度も言っている事だが、オナ禁が習慣の継続を手助けしてくれる。

 

クタクタでもう何もやりたくないと思っている時でも、オナ禁しているともう一踏ん張りできる。

 

何か始めてもなかなか身に付かなかった禁欲戦士だが、オナ禁中は自然と決めた事を習慣にする事ができた。

 

逆にオナニーばかりしていたら、億劫な気持ちが更に億劫になってしまう。

疲れているけどもう一踏ん張りなんて気持ちには、なかなかなれないだろう。

 

毎日オナニーばかりして自堕落になっていると、怠惰で元気のない自分がデフォルトになってしまう。

 

そして怖い事にその事にオナ猿本人は気付けないのだ。

本来の自分を取り戻せ!


男は何億という莫大な生命力を毎日生み出すだけのエネルギーを秘めている。

この事実を忘れてはいけない。

 

最近は無気力な草食系男子が増えたと言われているが、どんな男でもその気になれば凄まじい力を発揮できる。

 

それだけの潜在能力を男は秘めているのだ。

 

そしてその力を発揮する為にはオナ禁が必要不可欠となる。

 

貴重なエネルギー源である精子を、無駄に浪費するのはもうやめよう。

毎晩ダメな自分に自己嫌悪する前に、オナ禁して本来の自分を取り戻そう。

 

オナ禁しているとデフォルトの自分の力強さに気付くはずだ。

オナニーで自分の潜在能力を殺している場合ではない。


そうだ、男なら黙ってオナ禁だ。

 

 - オナ禁日記