オナ禁19日目 好きな仕事をしたければオナ禁するべきというお話

   

オナ禁19日目。

久しぶりの更新になってしまって申し訳ない。

あれからしっかりオナ禁は続いている。

しかしこの時期はムラムラも強いので気を付けたい。

 

あいかわらず睡眠時間をしっかりとれては

いないが仕事にも集中出来ている。

今日は仕事について書こう。

禁欲戦士は現在社会人として働いているが

自分の好きな事を仕事にできている。

 

これも長期オナ禁のサポートあってのことだった。

それについてはこちらの記事を読んでほしい。

 

オナ禁113日目 人生の転機‼オナ禁で本当に人生が変わった



そして改めて感じている事は好きな仕事を

していると良い事づくしだという事だ。

転職前の禁欲戦士は好きでもない仕事を

我慢して嫌々やっていた。

 

毎日仕事に行くのが嫌で嫌で仕方なかった。

だからこそ余計に好きな仕事をしている

現在に喜びを感じるのだろう。

 

人は人生の大半を仕事に費やす。

男なら尚更だ。だからこそ何を仕事にするかは

かなり重要になってくる。

この記事は現在就活している人や

求職中の人に特に読んで貰いたい。

 

ただ今回の記事は人によっては気分を害する

可能性もあるので仕事は仕事だと

割り切ってる人は読まない方が良いかもしれない。

または一個人の考えだという事を

考慮して読んでもらえればと思う。

やりたい事を仕事にしたらこんなに良いことが!


仕事なのに楽しい。
毎日長時間労働する中で仕事が楽しいか

どうかという点は非常に大切だ。

自分のやりたい事、好きな事を仕事にすると

仕事自体が楽しくなる。

 

世間一般では


仕事=辛い、大変、やらなければいけない事


といったイメージがあると思う。

 

しかし好きな事を仕事に

出来ている人はまるで逆だ。

もちろん仕事だから大変な事もあるが

日々の仕事を楽しんでやっている。

 

また仕事が楽しいと通勤の足取りも軽い。

 

毎朝死んだ目でうつむきながら

出勤する生活を送っていないだろうか。

そんな毎日が予想できる会社に

入ろうとしていないだろうか。

 

もちろん楽しいかどうかだけで

仕事は選べないかもしれない。

 

それでも福利厚生や会社の安定性

社会的地位の事ばかり重点を置いているなら

「その仕事に就いて自分は楽しめるか」という事も

意識して会社を選ぶ事をオススメしたい。

 

どんなに経済的に安定していても

辞めてしまっては意味が無い。

そして楽しいと思える事は継続するものだ。

仕事に対するモチベーションが高い。
やりたい事を仕事にしていると仕事に対しての

モチベーションも自然と高くなる。

 

どうしたらもっと良い仕事が出来るのか、

どうしたらもっと成果をあげる事が出来るのか

という事を考えながら仕事に臨むようになる。

 

仕事以外の時間も資格の取得やスキルの

向上の為に勉強する時間を作るようになる。

いやいや仕事をこなしていると

そんな事はなかなか考えない。

 

なるべく楽をしたいし手を抜きたい。

早く仕事が終わらないかと進みの遅い時計を

何度も確認する日々を送る事になる。

ストレスが減る。
社会人のストレスの大半は仕事によるものだろう。

そしてストレスというものは人を異常にしてしまう。

 

暴飲暴食、衝動買い、鬱病に様々な病気の誘発。

性格形成の悪影響や人間関係の悪化。

その他にも様々な異常を引き起こすのが

ストレスというやつだ。

 

人は人生のほとんどを働いて過ごす。

大きなストレスを感じる職場で働き続けるというのは

その会社が例え大企業で安定しているからと

言っても長い目で見れば非常にリスキーだ。

 

やりたい事を仕事にしていれば

社会で感じるストレスもかなり減る。

 

好きなことを楽しんでやっている人間と

やりたくない事を嫌々やっている人間ではどちらの

ストレスが多く溜まるかは誰でも分かるだろう。

 

長い時間をかけて付き合う事だからこそ

何を仕事にするかというのは重要な事なのだ。

充実感を味わえる。
「俺はこの仕事を死ぬまで続けて何を得るんだろうか。

そしてそんな人生に何の意味があるんだろうか。

俺の求めた人生はこんなものだったんだろうか。」


転職前の禁欲戦士は出勤前も退勤後も

休みの日も毎日こんな事を考えていた。

そしてその想いは働けば働くほど強くなった。

 

嫌々仕事をやっていると不満ばかりが溢れて

心が満たされる事はなくなってしまう。

逆に毎日好きな仕事が出来ていると

毎日充実感を味わう事ができる。

好きな事を仕事にする素晴らしさは伝わっただろうか。

自分の好きな仕事ができるなんてほんの一握りだし

理想論ばかり話すなと思った人もいるかもしれない。

 

 

好きな仕事をするなんて自分には

無理だと思った人もいたかもしれない。

そこでもう一つ大切な事を話そう。

つい忘れがちになる大切なこと


繰り返し繰り返し訪れる毎日を生きていると

忘れがちになってしまう事がある。

 

それは人はいつか必ず死ぬという事だ。

どんな人間でもどんな人生を歩んでいても

必ず死はやってくる。

 

そしていつ死ぬかも分からない。

人生は一度きり。

何度も聞いたことがあるお決まりの

セリフなのに人はこの事を忘れてしまう。


死ぬ時に後悔しないように

自分の好きなように生きる。

自分を誤魔化して薄めた人生を送るのはやめる。

こういう気持ちで生き続ける事は楽しそうに

聞こえるが実は凄く難しく大変な事でもある。

 

しかしこうして生き続けていけばいざその時がきても

満足して死を迎えられるのではないだろうか。

仕事する事と生死については関係ないと

思う人もいるかもしれないがとんでもない。

 

仕事に時間を費やすという事は

毎日命を削って仕事しているという事だ。

 

だからこそ自分の命をかけるに値する仕事を選ぼう。

これは大袈裟な表現ではないと思う。


そしてオナ禁がそんな好きな仕事に辿り着く

サポートになってくれるのは言うまでもない。

 

禁欲戦士も長期オナ禁をしていたからこそ

今好きな仕事ができている。

生命エネルギーが凝縮された自分になって

最高の生き方を見つけよう。


さあ黙ってオナ禁だ!

 - オナ禁日記