セクリセ有りの5ヶ月オナ禁効果まとめ

      2018/05/06

オナ禁150日目。


オナ禁もついに150日を達成である!

それにしても毎日の様にシコっていたオナ猿時代を考えると、150日間オナニーしていない自分に改めて驚いている。


今回の記事は150日間のオナ禁の総括だ。

まとめ記事は読者の反応も良くアクセス数も伸びるのでしっかり報告しなくては!

 

真のオナ禁とはなんたるや



まず初めに言いたいのは禁欲戦士のオナ禁は、セックスありのオナ禁ということである。


その為一切の射精を断ずる完全断射オナ禁ではない。

週1、または2週に1回ペースでセックスしている。


ちなみに禁欲戦士は完全断射オナ禁に挑み、115日間達成させたこともある。

(この時もオナ禁180日達成を目標としていたので、本来なら達成ではなく失敗と言わないとならないが)


その時も凄まじいオナ禁効果の数々を、これでもかと実感することができた。

これについてのオナ禁効果は下記にまとめているので読んでくれ。

オナ禁120日目までで実感した効果まとめ



完全断射オナ禁115日とセクリセありのオナ禁150日

この一年でどちらも長期間達成させて感じていることがある。

それは

完全断射オナ禁こそ真のオナ禁である

という事だ。

これはセクリセありのオナ禁をしている禁欲戦士として、言うに憚るが読者には本当の事を言わねばならない。


オナ禁の難易度、効果の出方も違う。

特にオナ禁の難易度で言えば、雲泥の差があると言っても良いんじゃないだろうか。


当たり前は当たり前である。

オナニーでは無いにしても、セクリセありのオナ禁は射精はしているのだ。

精子は放出しているのだ。

両者に確かな違いがあって当然。


定期的なセックスで性欲を発散出来ているのと出来ないのとでは、身体やメンタルにかかるストレスも全然違う。



そして完全断射オナ禁とセクリセありのオナ禁では、具体的にどんな違いがあるか。読者が気になるのはここだと思う。

禁欲戦士の主観ではあるがまとめてみよう。

完全断射オナ禁とセクリセありオナ禁の具体的な効果の違い


まずは大きな違いが無いオナ禁効果から。

睡眠時間・日中の眠気解消
これについてはセクリセありオナ禁でも充分効果を実感できている。

セックスした日はやはり強い眠気に襲われて、普段より長い時間寝るが平日の日中に眠くなる事はほとんど無いし、禁欲戦士の平均睡眠時間は5時間程だ。(オナ猿時代は8時間だった。)

完全断射の時と大きな差はない。

これもセックスで射精する頻度が増えれば当然変化するのだろう。


前向きな思考
セクリセありでも基本ポジティブである。常に元気が湧いてくる。

思考は長い期間の積み重ねで形成されるものだから、長期オナ禁生活が禁欲戦士をポジティブにさせている部分もあるのだろう。

モテ効果
男性に朗報だ。

セクリセしてもオナ禁モテ効果が消える事はない。

自分で言うと痛いが女性に好感を持たれやすくなってる様に思う。

まあ不確定要素も多分にあるのでモテ効果については、断言出来ないがセックスでリセットしてるからと言って、オナ禁モテ効果が消え去る事は無いようだ。


変わった点

ニキビがたまに出来る
これについても大きな差は無いが完全断射の時は、全く出来なかったニキビがセクリセありオナ禁中は稀に出来ている。

それでも大してニキビは出来ないし、肌が荒れている感覚もないので大きな違いではない。


暴飲暴食してしまう
セックスした後はお腹が異様に空く。

それ故に遅い時間でも暴飲暴食してしまう事があった。

完全断射オナ禁中は、驚くほどの節制が出来ていたので大きな違いに思う。

精子はエネルギーの塊なのだから腹が減って当たり前とも言える。


顔付きが腑抜ける
セックスした次の日はキリッとしてきた顔が、多少腑抜けるのを感じた。

特に目が顕著だ。オナ禁は顔に現れる。

しかし不思議な事にセックスした次の日逆に顔付きが、いつにも増してキリッとする時もあるのだ。

ホルモンの関係なのか理由は分からないがこれも違いと言える。

オナ禁の難易度
正直これが一番違うのではないだろうか。

完全に性欲を封じて射精しないのと定期的にセックスして、射精するのとではオナ禁の難易度は訳が違う。

セクリセありの方が射精欲が高まって、難易度が上がるのではと考えた時期もあったがそんな事はなかった。

 

セクリセありオナ禁の今はとても自然にオナ禁出来ている。

まあこれは一年を通してオナ禁してきた事で、オナ禁する習慣がついたというのが一番の理由だと思っている。

 

なんにしてもオナニーの中毒症状がなくなるのは素晴らしい事だ。

それでもやはりオナ禁をしていると猛烈にムラムラする事も少なくない。


オナ禁に対するメリハリ・危機感の差
これも大きい。

完全断射オナ禁は継続日数にも重みが出る。

それ故に毎日のオナ禁ライフにメリハリがある。

性欲にブンブン振り回される極限の状態の中、命懸けでオナ禁に挑んでるあの感覚は、やはり完全断射オナ禁時にしか味わえないだろう。

 

セクリセしているとそういった積み重ねている感は無い。

オナ禁効果やオナ禁日数を意識する事もかなり減ったし、150日オナ禁を達成している

禁欲戦士の今の心境は

「ん、あっそういえばオナ禁150日目か。」

程度だ。

長期オナ禁達成者がいつからかオナ禁日数を数えなくなったり、オナ禁効果に躍起にならなくなるのは多分こんな心境なんだなと思う。

 

奇跡を望むなら


どうだろうか。

完全断射オナ禁とセクリセありのオナ禁の違い。

禁欲戦士の個人的な感想としてはこんな所だ。

こうやってみるとセクリセありのオナ禁でも、十分効果を感じられているように思う。

 

そしてオナニーの呪縛から解き放たれた生活を送りたいなら、セクリセありのオナ禁が一番オススメだ。

無理なくオナ禁を継続する事ができる。


オナ禁も個人差がある。

なによりセクリセありオナ禁の場合セックスするペースによって、オナ禁効果も大きく変化するだろう。


やはりどの位の頻度で射精しているかに依るのは言うまでもない。


だが個人的には思うのは自分が確かに変わっている感覚や、奇跡的なオナ禁効果を感じたいのなら完全断射オナ禁だろう。


本当にオナ禁の真髄を極めんとするのなら、完全断射オナ禁の道を踏み出す他ないだろう。

茨の道を歩んだ者にしか見えない景色がある。


このブログでもよく言っているがオナ禁は制約と誓約。

リスクはバネだ。

残るはあと一ヶ月!


というわけでセクリセありオナ禁ではあるものの、あと一ヶ月で180日のオナ禁を達成する事になる。

 

順調にオナ禁日数を重ねる生活を送っているが決して180日達成まで気を緩めず、このままオナ禁街道を爆進していくつもりだ。


さあ黙ってオナ禁だ!

 

 

制約と覚悟が大きい程オナ禁効果も強く働く。

これはハンターハンターの受け売りだがHUNTER×HUNTERとオナ禁には

密接な関係がある。気になる人はこちらを読んでみよう。

オナ禁とオーラの関係 オナ禁ファイター必読のオナ禁の教科書を紹介しよう!【オナ禁Q&A】

 - 日数によるオナ禁効果まとめ