オナ禁172日目 遂に彼女が出来た!オナ禁モテ効果を最大限に発揮させる為に

      2018/05/06

オナ禁172日目。

目標の180日まで残り8日。

去年の1月7日に180日オナ禁達成を目標に始めたので途中リセットした事もあったが、丸一年かけて遂に目標に至ろうとしている。感慨深い一年だった。


さて今回は久しぶりにオナ禁モテ効果について書こう。

最近は禁欲戦士の過去エピソードやら年末用の記事やらで、ろくにオナ禁効果についての記事を書いていなかった。


オナ禁すればモテるというのは正しいと思う。

しかし中にはオナ禁をしていれば、勝手に女の子にモテモテになると思っているオナ禁ファイターもいるかもしれないので、大事な事を書いておこう。

 

そして今回の記事はモテたくてオナ禁に励んでいるオナ禁ファイターに向けて、書こうと思うので是非読んでみてくれ。

彼女が出来ました!


まずいきなりだが禁欲戦士にも早めの春が訪れた。

遂にこの報告をする日が来たのだ。禁欲戦士に彼女が出来た。

2017年の1月にオナ禁に挑んだ事を考えれば1年越しの報告である。


相手はアラツーの年下の子だ。可愛くて巨乳で性格もいい。


禁欲戦士はタイトニットなどピッタリした服を着る女性が好きなのだが、やんわりそういう服を着たら似合いそうだと言えば本当に禁欲戦士好みのピッタリした服を着てきてくれたり(男達の胸への視線がエグいとのことで人前では上着で隠されてしまうのが悔しい所)

肩がこっているというとお願いしてもいないのに、気付けば全身を長い時間かけてマッサージしてくれたり

デート代は禁欲戦士が払うと言っても、私も出すよと言って断っても払ってくれたりする。

そもそも払うつもりがない女や払うふりをして払わない女が多い中で、こういう行動は損得勘定抜きに嬉しいものだ。

逆に言えばこういう部分を男は見てたりする。


とにかく尽くしてくれる可愛い子なのである。

禁欲戦士は基本的にS寄りな性格なので、尽くしてくれたりM寄りな子との相性が良い。

普段の性格然りセックスも然りだ。

頑張った先には必ず褒美が待っている。


女性というのは興味のない男や、嫌いな男に対しては残酷なまでの拒絶反応を見せる。

あからさまに嫌悪感を出す。

これには男もドン引くくらい平気で、そして当たり前に差別する。


だが好きな男や一度認めた男に対しては、女神の如く慈愛に満ちた行動をとってくれる。

そんな女性の姿に男は心打たれるのである。


可愛くて巨乳で優しい年下の彼女。

そんな子とのセックスならこれはこれは、それはそれはもう燃えるものだ。

セクリセオナ禁している禁欲戦士も「接して漏らさず」の精神くらいは知っているが、そんな事を気する事など毛頭なく爽快に射精に至る。

 

そして事後は珠のように可愛い彼女の寝顔を眺めつつ、柔らかくて大きいおっぱいを揉みながら一緒に眠りにつく。

まごう事なきおっぱい派の禁欲戦士にとって至福の時間である。


こんな事を書いているとのろけに聞こえるかもしれないが

ことこのブログに限って言えば大事な話なので、敢えて浮わつきのろけた事も書かなければならない。


オナ禁ファイターにとってモチベーションは大事だ。

女性関係といえば尚更。

オナ禁すれば可愛い彼女が出来るし、最高の思いが出来るという事実を前面に出して言わないでどうする。

モテる男とモテない男の決定的な違いとは


オナ禁をする理由としてモテたいからという男性は多いと思う。

禁欲戦士としてもオナ禁(筋トレも重要)をする事で、モテるようになるという意見には思いっきり賛成だ。

 

長期オナ禁中は女性関係で普段は起こらないような出来事が起きる。

実際禁欲戦士も長期オナ禁中に女の子から異常にお誘いメールが来るようになったり、魅力的な女性と関係を持てたりと様々な体験をした。

 

最近も二人の女性から同時に告白されたり、同じ職場の子から急にラインを聞かれたり、出会いの席に行けば脈アリサインをガンガン受けまくったりなどなど。

あげればキリがないくらいモテ効果なるものを感じている。


オナ禁したらモテる具体的な根拠は以前に書いているので、こちらも参考にしてほしい。

オナ禁40日目 オナ禁したらモテる理由には根拠がある。

オナ禁する事で女性に好感を持たれ易くなるのは間違いない。

ただ女性にモテる為には会話や気遣い身だしなみ、波長が合う合わないなど様々なものが要因となってくるのも事実だ。


その中でもモテる為に一番大事なものがある。

それは

まずは行動を起こす

という事だ。



モテる男とモテない男の決定的な違いはこれだろう。

イケメンでもない限り自分から動き出さなければ、女の子からアプローチなんてなかなか来ない。

 

オナ禁していれば何もしなくても、勝手に女の子が寄ってきておいしい事が出来る訳ではない。

(時にありえない幸運に恵まれる事が長期オナ禁中には確かにあるのだが、ややこしくなるので今回はその話は置いておこう。)


そもそも今回禁欲戦士が今の彼女と出会えたのも、一目惚れしてバーで自ら声を掛けたからに他ならない。


自分から行動を起こしたから生まれた結果なのだ。


家に引きこもっていても出会いなんてやって来ない。

モテたければ、セックスしたければ死ぬ気でオナ禁と筋トレをして、外見を磨き積極的に出会いの場に行けばいいのだ。


モテないと言っている奴や出会いが無いと言っている奴のほとんどは、自分を磨く努力を怠っていたり行動を起こしていない輩が多い。

そんな奴は一生文句を言っていればいい。


そして失い続けるんだ・・・

貴重な機会(チャンス)を・・・!


今の時代出会いが無いはただの言い訳


例え普段の生活で出会いが無かったり女友達がいなくても、今は街コンや相席居酒屋など出会いを提供する場も増えているし、

出会い系アプリなどネットを通して女性と出会う手もある。

その気になればナンパだって出来る筈だ。


彼女は欲しいけど街コンや出会い系をするのは、あーだこーだと文句を言う奴は多い。

こんなのは典型的な現実逃避の捨てゼリフ。

結局出会いを求めて傷付くのを恐れているだけだ。

 

傷付きたくないから現実から目を背けて、否定してるだけに過ぎない。

結局出会うチャンスを、自ら潰してる事に気付いてすらいない。

出会いが無いというのは、この時代ただの言い訳でしかないのだ。


カフェでバイトしていた女友達(綺麗でモテるタイプ)に聞いた話だが、バイト中に男性客から連絡先を渡される事はザラにあったらしい。

 

これはつまり出会いを求めて動いている者は、人知れず動いているという事だ。


それにネットが発達して他人と繋がりやすくなった今、様々な手段で様々な人と出会う事だってできるはずだ。

ドットの集合体に興奮するな!


どうしても女を作りたいなら文句を言う前に、なんでも良いから行動に移せばいいだけの話だ。

出会うチャンスはいくらでも転がっている。

 

女性を獲得する為に備わった性欲という偉大なエネルギーを、画面の向こうにいるドットの集合体の女ばかりにぶつけてどうする。

ぶつけるなら現実の女性にぶつけようじゃないか。


そして最後に念を押して言っておきたいのはモテないという人は、その理由が日常的なオナニーである可能性が高いという事だ。


このブログでは

オナニー=モテない

というのは当たり前な事実としてあるが、世間ではまだまだ浸透していないのが現実だ。


故にオナニーの弊害に気付かず、オナニーしまくっている人は多いのだ。

そのせいで本来の魅力が掠れて、非モテに成り下がっている勿体無い人が世の中にはごまんといる。

この記事を読んでオナ禁してみたらモテた!

という人が一人でも出て来たら嬉しいかぎりである。


さあ黙ってオナ禁だ!

 

 - オナ禁日記