好きでもない女ばかり抱いていると男はどうなる?【オナ禁Q&A】

   

金剛筋シャツ

オナ禁Q&Aのコーナー後編だ。

前回は男と女の性欲の違いについて書いた。

どんな女でも良いからとにかくヤりたい?男と女の性欲の違い【オナ禁Q&A】

テーマ故にドキツイ表現になった部分もあるが

これは性欲の本質だから直球で伝えた。


その上で今回も大事な事を伝えたい。

特にこれから恋愛をしていくであろう

童貞オナ禁ファイターは是非聞いていってくれ。

経験しないと机上の空論に過ぎない


男は好きでもない女でも欲情して

セックス出来るしやりたいと思う。

恋愛感情と性欲は別。

それが男の性欲であり本能だと前回書いた。


問題はここからだ。


じゃあ実際に現実でそれを

実行したらどうなるのか。

 

どんな女でも良いからセックスするとして

その結果お前はどう感じるのか。


これが大事なんだ。

結局どんなに納得いく言葉や正しそうな理論が

あっても実際に自分で経験してみないと

本当の所は分からない。

オナ禁が自分に効果があるかどうか

やってみないと分からないのと同じだ。


だから今回も禁欲戦士の経験則で話す。

どうでも良い女とセックスするとどうなるのか


これまでの人生それなりに

女性と関係を持ってきた。

その中にはブスだと思った相手や

恋愛感情なんてこれっぽちも

湧かない相手も含まれる。


じゃあそんな好きでもない女とのセックスが

禁欲戦士に何をもたらしたかと言えば


虚無感だった。


オナニーした後に襲ってくる

マイナスな感情に近いと思う。

 

いや、マイナスな気持ちでいうと

オナニーよりデカイかもしれないな。


セックスを済ませてシャワーで一人

禁欲息子を洗ってる時なんか凄い思ったよ。


「ああ、俺何やってんだろな。」って。


そん時の禁欲息子のシケた面もなかなかに

寂しいもんで相棒ごめんなって感じだった。


まあこれは相手の女の子のレベルに

よっても感じ方は変わる。

 

可愛い子とのエッチの時は興奮度も高いし

終わった後に前述のマイナスな感情に

襲われる事も少なくなる。

これは単純に性欲が満たされたのと

綺麗な女性とセックスしたという

満足感を得られるからだろう。


事後も普通に何気ない会話で楽しく話せる。


でもそんな可愛い女とのセックスでも

埋まらないものがある。

それは

 

心から湧き上がってくる幸福感だ。

いくら肉欲を満たそうが気持ち良くなろうが

本当の意味での幸福感は好きでもない女との

セックスでは決して得られない。


好きでもない女とのセックスは

結果的に虚無感を生み、

心の深い所にある穴を埋める事はない。


逆にこの心の穴を塞ぎ幸福感で

満たしてくれるのが大切な人とのセックスだ。

大切な人とセックスするとどうなるのか


好きでもない女とセックスするのと

好きな人とセックスするのとでは

感情も身体も得るもの全てが違ってくる。


セックスの後に襲う虚無感なんてのは

全くなくて代わりに満足感や幸福感、

充実感などのポジティブな感情で

埋め尽くされる。


好きな人、大切な人とセックスできる喜びや

興奮はやはり他では感じられない

エネルギーを発生させる。


大切に思う人がいて

その人が自分の事を大切に

思ってくれるという幸せ。

自分の心に従っている感覚。

自分と相手の心がピッタリと

合っている状態。


これは相手がセフレや

ワンナイトラブでは得られない。

どれだけ相手が可愛いかろうが

エロい身体をしていようが相手との

「心の交換」が無ければ結局

本当の意味で満たされる事はないと感じた。

むしろどうでも良い女ばかり抱いたり

自分の心を無視して肉欲に走ったセックス

ばかりしていると心は乾くばかりだ。


沢山のオンナを抱きたいと思う男でも

100人の好きでもない女とやるより

1人の大切な女と100回セックスする方が

精神に良い影響を与えるだろう。

禁欲戦士が実際に100人斬りした訳では

無いがこれまでの経験でそう思うのだ。

最高に気持ち良いセックスとは


恋愛感情抜きにとにかく女とヤりたいと

思うのが男の性欲であり本能であっても

結局最後は心、感情が大切であり

身体ではなくて心が満たされる必要がある。


そういう意味で男も恋愛感情と

セックスは強く結び付いてるし

本当に心から満たされる

最高のセックスというのは

やはりたった1人の大切な人との

セックスによって得られるものなのだ。


忘れちゃいけないのは男も

野生の本能をもつ動物であると同時に

心に魂を宿す人間だということだ。

セックスは身体のやり取りばかりが

注目されがちだがそこには

心の交換もしっかり行われている。



男はどんな女でも欲情してセックス出来る。

そこに恋愛感情は無いし必要ない。

性欲と恋愛感情は別である。


男の性欲についての意見として

禁欲戦士もそう思う。

 

だが男と女についてこの理論でしか

考えられなくなるのも良くない。


実際の経験を通して学んだ事だが

恋愛感情のない女といくらセックスして

性欲を満たしても本当に心から

満たされる事はなかったし、

 

逆にたった1人の大切な人とのセックスは

幸福感で心を埋め尽くしてくれる事も知った。


理論で得られる知識と実際の行動で得られる

経験値にはやはり大きな差があるなと思う。


男の性欲と恋愛感情は別という理論と

今回禁欲戦士が話した

好きな人とのセックスでしか男も

本当には満たされないという理論。

どっちも正しいし

どっちも本当の話なんだろう。

これが男の性欲というものは

そんな単純な話じゃないと

前回書いた理由だ。


好きに生きたらええ


男はどんな女でもセックスしたくなるよ!

男の性欲ってそういうもんだよ!

でも大切な人とのセックスでしか

男も本当には満たされないよ!

 

という事を言うために長い事書いた。


それを踏まえてこれを読む読者には

自分の心に従って色々な経験を

していって貰えればと思う。


沢山の女を抱きまくってもいいし

1人の女を愛し続けてもいいし

必要を感じなければそもそも女と

関わらなくてもいい。


どんな形であれ自分がこれだと思う方向、

ワクワクする感覚を信じてそれ通りに

行動するのが一番だと思う。

そしてその経験が自分の血となり肉となる。


禁欲戦士が今回こうやって男と女、

セックスについて長々と話せているのも

これまでの人生で色々と経験してきたからに尽きる。


当然人によって感じ方は違うので

大切な人とのセックスより沢山の女と

セックスする事で心から満足する人もいると思う。

性欲というテーマは深海のように奥が深く

たった一つの正解に絞る事はできないものだろう。


まあ男女やら愛やらについて語るにはまだまだ

未熟な尻の青い小僧かもしれないが

間違った事を書いたとは思ってない。


人生で経験してきた事に無駄な事なんて

一つも無いしその経験だけが自分にとって

一番信頼できる情報になる。

 

だからこそ何事も経験する事が大事なんだ。

今回も熱くてくさい事ばかり書いてしまったが

本当にそう思う事を書いた。


そして最高のパートナーを見つけて

最高のセックスをしたいと望むなら

今日から動き出そう。


なにから始めれば良いかって?

そんなの決まってるだろ。


さあ黙ってオナ禁だ!

 

 

 - オナ禁Q&A