オナ禁とオーラの関係 オナ禁ファイター必読のオナ禁の教科書を紹介しよう!【オナ禁Q&A】

   

金剛筋シャツ

今回はみんな大好き好評企画、オナ禁Q&Aのコーナーだ。

読者のオナ禁に関する悩みや疑問を、禁欲戦士が解消しようなんて偉そうな立場の企画だが、読者の質問が禁欲戦士の中に眠るオナ禁ネタを引き出してくれている。

その結果良い記事を書く事が出来るし、それが読者にも有益なオナ禁ブログに繋がると思うので、質問をくれる人には本当に感謝している。

本当に読者様々のブログなのである。

また今回はオナ禁ファイター必読の、オナ禁の教科書なるものを紹介する事になる。

そんでもって話が長くなると思う。

暇な時にでもゆっくり読んでってくれ!

禁欲戦士ファンさんからの質問

どうも禁欲戦士さんはじめまして。興味深くブログを拝見させて頂いています。

このエントリーの中で”気”について考察されておられますが、その考察に至った文献についてご教示いただけませんでしょうか。私も気になりました。宜しくお願い致します。

コメント元の記事

オナ禁103日目 遂にオーラが溢れ出た?性エネルギーの転換とは

という事で禁欲戦士ファンさんからの質問だ。

ハンドルネームの時点で答え甲斐がある。

こういうのはどんどん言ってやって欲しい。

褒めて伸びる男である。

僕らはみんな惹かれ合う


オナ禁と「気」についての話をする。

オナ禁と気(オーラ)には密接な関係がある。

スピリチュアルな話は胡散臭くて、興醒めする読者もいるかもしれない。


ただこれは勘だが禁欲戦士のブログの読者は、スピリチュアルな世界にも偏見が無く、興味ある人が多いのではないだろうか。

禁欲戦士もスピリチュアルやオカルトの世界は、面白おかしくて大好物だ。

オーラや幽霊や宇宙人、宇宙や深海の謎に都市伝説や陰謀論に未解決事件、古代文明や死生観に至るまで・・・

とにかくこの手の話に魅力的を感じてしまう。

 

共通点は未だ解明されていない謎。


同じ様にこんな浮世離れした話が好きな人と、世が明けるまで延々と語り合いたいくらいには好きな分野だ。

この世界にある常識を超える幾千もの謎にワクワクしている。

子供の頃から大人になった今に至るまで、ずっとこんな調子だ。今後も変わる事は無いだろう。


この手の話題をブログで記事にする事は余り無かった。

だがそんな男の書くブログを、楽しく共感しながら読んでくれている読者の事だ。

ネットの世界とはいえ、そういう作者の意図せず滲み出る部分含めてなんの因果か惹かれ合い、そして集まるものだろうとも思う。

根拠の無い勘だけどそんな気がしている。


話がズレた。
とにかくオナ禁とオーラには密接な関係がある話をしよう。

 

大人気マンガと「気」の世界の関係とは?


オナ禁と「気」の関係について詳しく知りたい!

質問者さんの様にこんな人って案外いるんじゃなかろうか。

オナ禁とスピリチュアルな世界には密接な関係がある。

オナ禁するとオーラが溢れ出すとか、第六感が備わるとかそういう話だ。

こういうスピリチュアルな効果を期待してオナ禁に向き合う人もいる。


オナ禁関連の記事を読んでると時折こんな話を聞く。

「オナ禁を通して性欲を性エネルギーに転換しよう!

そうすればあなたの人生が変わる!」

禁欲戦士の師であるナポレオン・ヒル先生もこう言っている。

オナ禁すると劇的なオナ禁効果で、肉体も精神も改善されて人生変わるってやつだ。

このブログも延々とそんな事を書いている。

 

それに誰もが馴染み深い漫画の世界にも「気」は精通している。

あらゆる漫画の中に「気」という概念は存在するのだ。

ドラゴンボールの「気」
ワンピースの「覇気」
NARUTOの「チャクラ」
HUNTER×HUNTERの「念」
ジョジョの奇妙な冒険の「波紋(スタンド)」
BLEACHの「霊気」
などなど・・・

パッと浮かんだけでもこれだけある。

これらは物語の根幹とも言える設定であるし、その漫画を大人気漫画に押し上げた一番重要な要素だと言っていい。

というか能力漫画系のほとんどは「気」という概念が根本に存在している。

あれは他の漫画の設定をパクってる!とか、あの能力の設定は〇〇って漫画が初めてだ!とか、色々騒がれることもあるが、
それはマネのマネのマネをマネしていると叫んでるようなものなんだ。


鳥山明が初めて「気」という設定を思いついた訳でも無ければ、冨樫義博が「念」という世界観を一から作りあげた訳でも無い。

「気」というものについて漫画を読む人が楽しめる様に、思い切り噛み砕いて咀嚼して飾り付けたものを、漫画にしているだけだ。

それを魅力的な物語に昇華させている時点で、凄まじい才能なのは言うまでもないが。


そして全ての能力漫画に共通する「気」という概念の、そもそもの起源は漫画ではない。

漫画というものが生まれる遥か昔から、呼び方は違えど現実の世界で「気」は存在していた。

今は能力系漫画も溢れかえっているから意識する事も無くなったが、現代人もマンガを通して「気」というものに触れている。

 

ネットじゃ見つからない真実


実はただオナ禁してれば、性欲が性エネルギーに転換される訳ではない。

もちろんオナ禁するだけでも十分効果は現れるのだが、実は更にその先の世界がある。


つまり性欲を性エネルギーへ転換する方法は、具体的な手順と方法でもって存在する。

だがこの性エネルギーの転換方法、ないしはオナ禁とオーラについての話は、ネットで探し回っても情報が乏しい。

仮に見つかっても詳しく書かれていない場合がほとんどだ。

またその道のプロで説得に足る人物が書いている読み物というのはなかなかない。

そもそもオナ禁自体が世間的に余り認知されてないのだから、性エネルギーの転換方法なんて踏み込んだ話はよっぽど見つからない。

この方法自体がはるか昔からの秘術として、公にされてこなかったという歴史的背景もある。

オナ禁とオーラの関係、そして性欲を性エネルギーに転換して、オナ禁効果を最大限に引き出す恐るべき秘術、、、

スピリチュアルオナ禁ファイターなら、是が非でも読んでみたくなる内容であろう。

ここまで引っ張ったんだ。

オナ禁とオーラについての情報が、詳細に書かれている禁欲戦士推薦の本をそろそろ紹介しようと思う。

 

一度は読むべしオナ禁の教科書


さっさと紹介しよう。

「タオ 性科学―男性編 自然治癒力を高める陰陽和合の秘訣」である。

なんだか胡散臭そうで難しそうなタイトルだが、この本がオナ禁ファイターにとっていかにオススメであり、貴重な文献なのか話そう。商品リンクは最後に載せようと思う。

とりあえず話を聞いてってくれ。

本の内容を簡単に説明すると

性欲を性エネルギーに転換する具体的な方法が書かれた実用書だ。

全編を通してオナ禁ないしはセックスというものの歴史、本来の役割、活用法について事細かに書かれている。

はるか昔から性エネルギーの転換方法は存在していた。

その教えは皇帝やその側近といったごく少数の限られた者にのみ、知る事が許された秘教中の秘教だった。


そんな最奥の秘伝である性エネルギーの転換方法が、分かりやすい言葉で超具体的に書かれた本という、かなり貴重な文献なのである。
なぜそんな秘教が一般人でも読める様になったのかも、本書には書かれている。

驚く程シンプルな理由だった。


またネットに転がってるオナ禁情報なんかとは比べものにならない程、質の高い情報を読む事ができる。

具体的にどんな内容なのか一部をピックアップしてみよう。

・セックスの持つ霊的パワーはなぜ秘密にされ続けたのか?
・精子のもつ驚くべきパワーとは
・性エネルギー転換の秘訣
・精液保持の秘訣
・性エネルギーを転換した実践者の感想
・男の性的能力を増進させる秘訣(夢精を防ぐ、EDを治す、勃起力を強める、精子量を増やす方法…などなど)

一部を切り取ってみてもこんな感じで、珠玉のオナ禁情報が惜しげもなく書かれている。

禁欲戦士にとってもどれも読んでみたい情報だったので、好奇心とワクワクの中読み進めたのを覚えている。

本書から引用しよう。

「かつて中国の貴族やタオの達人たちは、もっとも深奥なレベルでの人生の充足感を求め、そしてそれを達成するために、精子の中のエネルギーを、脳やその他の体内にある活力中枢に還流させる方法を習得し、長い間伝承してきました。
ところがこれに対し、一般の大衆はこの肉体の中にあるとてつもない生命のパワーを再活用するためのテクニックを知らされないまま、現在に至っています。大半の男たちは、セックスの抗しがたい魅力に屈して、楽しげに精子を体の外に解き放ってしまい、そのことが健康に及ぼす結果などは考えることもありません。
ましてやこうした通常のセックスに代わる、もう一つのやり方がこの世に存在することさえ、知る由もないのです。」


オナ猿を哀れむオナ禁ファイターの如く、かつての賢人達も性について全く無知である世の男共を憂いていたのである。

 

精子とは超貴重なエネルギー源


数年前に禁欲戦士がオナ禁という存在を知り、とにかく様々なオナ禁関連の情報を、ネットや書物から読み漁っていた頃出会ったのがこの本だ。


読んでみてまず最初に思い知らされたのは、何より精子の大切さだった。

精子を放出する事がいかに重大な事で、もったいない事なのか改めて考え直すきっかけともなった。


再び本の言葉を引用しよう。

「精子は男性の性エネルギーの貯蔵庫です。一回の射精からは2億個から5奥個の精子が放出され、しかもその一つ一つの中に、1人の人間が育っていく可能性が宿っています。解き放たれた精子全てが受精したとするならば、たった一回のオルガズムから、アメリカ合衆国の総人口に匹敵する数の人々を産み出すことができるのです。このようなほとんど超能力的と言えるほどの、驚くべき能力を持つ精液を生産するために、男性はその日1日のエネルギー産出量の3分の1を消費しています。そしてその産出にあたっては、免疫系に重い負担をかけています。」


このように本書では精子がいかに大切で貴重なものなのか、これでもかと書き記している。

これは禁欲戦士も散々言ってきたオナニーは害であるって話に直結する。

これを一読したら安易にオナニーしようなどとは思えなくなるだろう。

また今まで知る事のなかった性についての新たな面を理解する事で、オナ禁の継続にもつながる筈だ。

事実禁欲戦士もこの本を読んでから、オナ禁の精度がグッと上がった。

オナキン✖️ネン✖️セイエネルギー


先にも書いたがオナ禁・セックスを通して、性エネルギーに転換する方法が具体的に説明されている。

説明書を読むのと同じ要領で本書に書かれている順序で実行に移せば、性欲を性エネルギーに転換できるという事だ。

何気にこれって凄い事に思う。


HUNTER×HUNTERを知ってる人なら

「念」を習得する。

と思ってくれれば良い。

前にも述べたがあの漫画の「念」という概念は、明らかにこの性エネルギーの転換方法をベースに作られている。

本書を読めばそれが理解出来ると思うが、作者の冨樫義博は明らかにこの分野の見識がある人なのが分かる。

HUNTER×HUNTERの念の世界は、この分野を基に書かれたものだった。

これについては話が長くなりそうなのでこの辺にしとこう。

とにかく漫画の世界でも一部の人間しか使えない特別な能力のモチーフとされ、秘教とされてきた性エネルギーの転換方法が

具体的に書かれている恐るべき本だと言う事だ。

セックスとオーラの関係


本書ではセックスによる性エネルギーの転換方法も書かれている。

オナ禁について更に踏み込んだ話をする。

本当に奥深い世界なのでもう少しついてきてくれ。


「接して漏らさず」

という古くから伝わる古い教えがある。

要はセックスしても射精すんなよという意味の言葉だ。

え?セックスしてイっちゃダメとかマジ?そんなの無理に決まってるじゃん。

そう思った読者も多いと思う。

 

ただ本書では大真面目にセックスしても、射精しない為の方法とその真意を淡々と説いている。

精子を身体に貯めて性エネルギーを活性化させる為には、やはりセックスによる射精も例外ではないのだ。

この本ではセックスによる射精についてきっぱりと否定している。

耳が痛いがセクリセとか甘えた事言ってんじゃねえってとこだろう。

読後の感想と注意点


正直一般の本と比べると高い。

だが当時から禁欲戦士のオナ禁への好奇心は凄まじく、迷いない覚悟でもってAmazonでポチった。


そしてこれまで書いた通り、とにかく他ではなかなか知る事の出来ない、秘匿性の高い情報を得ることが出来た。

性エネルギーの具体的な転換方法と共に、精子が持つ大切さや可能性を知ることが出来た。


そしてオナ禁への凄まじいモチベーションアップ、秘教とされ公にされてこなかった世界を通して、性についての深い知識を得ることができた。

今でもたまに読み返している。


ただこんな事ばかり書くと禁欲戦士の言葉に触発されて、かつての禁欲戦士と同じように勢いでポチってしまう人もいると思うので、落ち着いて次の事も聞いてくれ。

オナ禁の教科書最大の弱点


本書を読めば性エネルギーの具体的な転換方法が分かる。

それは読んだその日から実行できるものもあるだろう。

しかし禁欲戦士は結局それを実行に移していない。

 

ここにこの本の最大の難点がある。

 

性エネルギーへの転換は一朝一夕で身につくものではない。

その日にやっていきなり性エネルギーに満たされて、力が溢れ出るものではない。

継続的な訓練が必要となる。

一人で静かに集中できる環境を作れる人じゃないと、訓練も難しいだろう。

一人で行う事もできるが本書に書かれた方法を、全て試したいならセックスをするパートナーも必要となる。


また継続する為にはもちろん根気が必要だし、なによりその方法で本当に性エネルギーに転換されるんだという信じる力が必要となる。

散々この本について褒めちぎっといてなんだが、禁欲戦士は信じきることが出来ず、行動に移す事はなかった。

それでも買って正解だったなと思うのだから凄い。

 

買うべき人、買ったらいけない人


本書を買うべきかどうかの判断材料として参考を述べよう。

買うべき人
・オナ禁とオーラの関係性について強い興味がある。
・オーラやスピリチュアルな効果を期待してオナ禁に励んでいる
・性やセックスについての深い知識を得たい
・スピリチュアルな世界に対して偏見がなく素直に楽しめる
・性欲を性エネルギーに転換する為の具体的な方法を知りたい
・とにかくオナ禁についての情報を読み漁りたい
・記事を読んで直感的に買いたいと思った

買うべきでない人
・スピリチュアルな話は全く信じない
・非科学的な事は馬鹿らしいと思う
・静かに一人で過ごせる環境を作ることができない。(本書を実践したい場合)
・金払って読みたいとはとても思えない
・文章を読むのが苦手、本を読むのが嫌い(目安は引用した文章を読んで理解出来たかどうか)
・買うなら書かれてる事全部実行したいと思ってるがセックスのパートナーがいない

こんな所だろうか。

でもお高いんでしょう?


ここまで記事を読んでみて面白そう!って思った人は是非読んでみてほしい。

禁欲戦士の様に実践しなくても、性に関する深い知識を得る事が出来るはずだ。


ただやはりネックは本の値段だ。

本書の値段がそこら辺に売ってる本と変わりなければ、


「くだらねえ事に金使うよりよっぽど為になるから、オナ禁ファイターはつべこべ言わず黙って買って読めばいい。読んで気に食わなけりゃ破り捨てればいいさ。」


と無茶言って押し売りしたいくらいオススメなのだが、やはりそれなりの値段する。
今一度自分の財布とムスコに相談してみてくれ。

 

あと本書を取り扱う図書館もあるらしいので、家の近くにデカイ図書館がある人はまずはそこで探して見るのも良いだろう。

この本が置いてあるなら他にもこの分野の本が沢山読めるはずだしな。


紹介しといてこんな事いうのもあれだが


「高い買い物をする時は買いたいと思っても一週間くらい保留にしといて、それでもまだ買いたいと思うなら買う」

という方法がある。

そうすると無駄な買い物が劇的に減るから禁欲戦士もオススメだ。

買い物する時の考え方の足しにしてくれ。

最後に本書のリンクを貼って今回は締めよう。


タオ 性科学―男性編 自然治癒力を高める陰陽和合の秘訣



さあ黙ってオナ禁だ!





 - オナ禁日記